エロ漫画家が一般紙に移ったときの「あぁ、本当はこんなのが書きたかったのか」感